リスニングパワーを聞くことで英語耳になる秘密とは?

あなたは、いくらやっても英語が聞き取れないと



感じたことはありませんか。



英会話教室では講師と話が通じるのに



実際に旅行に行ったり、映画の英語が聞き取れなかったり



TOEICのリスニング問題がききとれなかったりして



挫折感を覚えたことはあるませんか。




英語と日本語では周波数が異なります。



日本語の周波数は、英語に比べて低く、



世界の中でも一番低い周波数の部類に入ります。




その一方、英語の周波数は、世界でもっとも高いのです。



日本語の最高周波数が1500ヘルツであるのに対し、



英語の最低周波数は、最低でも2000ヘルツなので、



周波数に関しては、



日本語と英語では交わるところがないのです。




私たちは、普段、目に頼って生活をしていますが、



聴覚を集中的に発達させることで



日本で育った日本人でもネイティブレベルの



リスニング力と発音力を手に入れることができます。




人間は、生まれてから3才くらいまでは



全ての音を聞き取ることができ、



4才を過ぎてからもまだ全ての音を



聞き分けることができますが、



言語に敏感な4才から11才までの間に育った環境で



言語への適応能力が決まってしまうと言われています。



そして、12才を過ぎてしまってからは、



英語をいくら聞いても日本語の似ている音に



置き換えてしまうようになります。



スコット先生は、日本人に15年間、英語を教えながら、



常にどうすれば日本人が、



日本語にない英語の音を聞き取れるか



ということを研究してきました。




そして、他の言語学者、医学博士、語学講師、



サウンドエンジニアなどの科学者たちのグループの協力を得て、



リスニングパワーというネイティブ耳育成プログラムを



開発しました。



リスニングパワーを聞くことで、普段、日本語の音に



慣れている日本人の耳を、2週間で集中的に鍛え、英語耳にします




スコットペリーは、今まで1000人を越える



日本人に英語発音を教えてきた経験を元に、



リスニングパワーを更に、TOEIC?Testの



リスニングでも高得点を取っていただけるように大幅に改善しました。




TOEIC?Testによく出てくる単語もしっかりと収録してあるので、



リスニングパワーを聞き流すことにより、



TOEIC?Testにでてくる単語も聞き取れるようになります。




次のページはリスニングパワーの紹介ページですが、後半に



1)日本人の間違いやすい"l"と"r"の単語の発音の違いを



比べた音声が収録されています。



walk 歩く work 仕事 read 読む lead 先頭



2)アメリカ英語とカタカナ英語の単語の発音の違いを



比べた音声が収録されています。



アメリカ英語のRで発音 「Car」 カタカナ英語のRで発音 「カー」


アメリカ英語のOで発音 「Only」 カタカナ英語のOで発音 「オンリー」


アメリカ英語のFで発音 「Foot」 カタカナ英語のFで発音 「フット」




発音がどのように聞こえるかあなたの耳で確かめてください。




英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」





リスニングパワー TOEIC対策
リスニングパワーを使い TOEIC攻略のポイントを押さえる

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

QRコード

お試しセット